フリーランス|WEB 制作経験丸7年、制作会社様からのご依頼に丁寧・高クオリティでお手伝いいたします。 IRODORI DESIGN

B L O G

【WordPress】自作ショートコードを使用する方法

add_shortcode
WordPress
ショートコード

こんにちは、岐阜・名古屋を拠点に全国各地からご依頼いただくWEBサイトを制作しているフリーランスエンジニアの寺井です。

WordPressのエディタ内でPHPプログラムを記述したいとき、直接PHPをエディタ内に書くことは出来ません。
エディタ内でPHPプログラムを記述する場合、自作ショートコードを作成し、ショートコードとしてエディタ内に埋め込むことで使用することが出来ます。

add_shortcodeを使用する

WordPressのエディタ内で自作ショートコードを使用する場合、add_shortcodeを使用します。

add_shortcodeを使用する場合、引数は2つ指定します。

add_shortcode( 'ショートコード名', '自作関数名' );

使用テーマまでのディレクトリを出力する

使用しているテーマまでのディレクトリを出力する場合はfunctions.phpに以下のように記述します。

<?php
function my_get_theme_dir() {
    return get_template_directory_uri();
}
add_shortcode( 'theme_dir', 'my_get_theme_dir' );
?>

そしてWordPressのエディタ内で以下のようにショートコードを記述します。

<img src="[theme_dir]/images/logo.jpg">

このように記述することで直接エディタ内にURLを記述することなく動的にテーマまでのディレクトリURLを出力することが出来ます。

サイトのホームURLを出力する

サイトのホームURLを出力する場合はfunctions.phpに以下のように記述します。

<?php
function my_get_home_url() {
    return home_url();
}
add_shortcode( 'home_url', 'my_get_home_url' );
?>

そしてWordPressのエディタ内で以下のようにショートコードを記述します。

<a href="[home_url]/privacy">個人情報保護方針はこちら</a>

このように記述することで直接エディタ内にURLを記述することなく動的にホームのURLを出力することが出来ます。

まとめ

add_shortcodeを使用することで応用次第では、記事を出力したり、様々なことが出来るようになりカスタマイズの幅は広がります。
今回の記事ではエディタ内で自作コードを使用する方法をご紹介しました。