フリーランス|WEB 制作経験丸7年、制作会社様からのご依頼に丁寧・高クオリティでお手伝いいたします。 IRODORI DESIGN

B L O G

【WordPress】ファイルのアップロード上限を変更する方法

.htaccess
php.ini
WordPress

こんにちは、岐阜・名古屋を拠点に全国各地からご依頼いただくWEBサイトを制作しているフリーランスエンジニアの寺井です。

WordPressは管理画面からアップロード出来るファイルの上限は予め決められています。
今回の記事はWordPressでファイルのアップロード上限を変更する方法をご紹介します。

現在のアップロード上限を確認する

まずは、自分が使っているWordPressのアップロード上限を確認してみます。
WordPressのアップロード上限は管理画面の「メディア」から確認することが出来ます。

この画像の環境の場合、アップロード上限は「30MB」に設定されています。

アップロード上限を変更する方法

WordPressでファイルのアップロード上限を変更する方法は、次の3つの方法があります。

  • php.iniを使って変更する
  • .htaccessを使って変更する
  • functions.phpを使って変更する

php.iniで変更する方法

php.iniはPHPの環境設定の変更が出来るファイルです。
このファイルを使うことでファイルのアップロード上限を変更することが出来ます。

php.iniの場合、以下のコードを記述します。

memory_limit = 100M
post_max_size = 90M
upload_max_filesize = 80M

これでアップロード上限を80MBに変更されます。
ポイントはmemory_limitの値を一番大きく、upload_max_filesizeの値を一番小さくすることです。

ただし、利用しているサーバーによってはエラーが起きる可能性があります。その場合は他の方法を試してみてください。

.htaccessで変更する方法

WordPressがインストールされている環境には.htaccessが生成されています。
このファイルを使うことでもファイルのアップロード上限を変更することが出来ます。

.htaccessの場合、以下のコードを記述します。

php_value memory_limit 100M
php_value post_max_size 90M
php_value upload_max_filesize 80M

これでアップロード上限を80MBに変更されます。
ポイントはphp_value memory_limitの値を一番大きく、php_value upload_max_filesizeの値を一番小さくすることです。

ただし、利用しているサーバーによってはエラーが起きる可能性があります。その場合は他の方法を試してみてください。

function.phpで変更する方法

functions.phpを使ってファイルのアップロード上限を変更する場合は、以下のコードを記述します。

@ini_set('upload_max_size' , '100M');
@ini_set('post_max_size', '90M');
@ini_set('upload_max_size', '90M');

これでアップロード上限を80MBに変更されます。
ポイントはupload_max_sizeの値を一番大きく、upload_max_sizeの値を一番小さくすることです。

ただし、利用しているサーバーによってはエラーが起きる可能性があります。その場合は他の方法を試してみてください。

注意点

WordPressのアップロード上限を変更する場合いくつか注意点があります。

セキュリティを考慮する

大きなファイルをアップロード出来るようにすると、悪意のあるユーザーがサーバーに悪影響を与える可能性があります。
アップロードファイルの種類を制限したり、ファイルのサイズ制限を設定したりすることで、セキュリティを強化出来ます。

メモリ・容量を考慮する

大きなファイルをアップロード出来るようになると、サーバーのメモリや容量を消費する可能性があります。
見境なくアップロードする前にサイズを削減出来ないか検討するようにします。

まとめ

いかがでしたか?
WordPressでファイルのアップロード上限は簡単に変更出来ますが、見境なく上限をアップすることはセキュリティの面からも避けるべきです。
まずはサイズ変更や圧縮などして容量を落とすことも検討してみて、それでもダメな場合の対応策としたいですね。