フリーランス|WEB 制作経験丸7年、制作会社様からのご依頼に丁寧・高クオリティでお手伝いいたします。 IRODORI DESIGN

B L O G

【SiteGuard WP Plugin】WordPress管理画面のログインURLを変更する方法

SiteGuard WP Plugin
WordPress
セキュリティ強化
プラグイン

こんにちは、岐阜・名古屋を拠点に全国各地からご依頼いただくWEBサイトを制作しているフリーランスエンジニアの寺井です。

WordPressは世界中で圧倒的なシェアを獲得しているCMSです。
シェアが高いということはハッカーや悪意のあるユーザーから攻撃のターゲットにもなりやすいCMSでもあります。
そのため少しでもセキュリティ強化をしておきたいというのが制作者、クライアント双方の考えだと思います。
簡単に出来るセキュリティ強化の対策として、WordPress管理画面のログインURLを変更するという方法があります。

今回の記事では、WordPress管理画面のログインURLを変更する方法と、何故変更したほうがいいのかをご紹介したいと思います。

WordPressのログインURLを変更すべき理由

まずはじめに、なぜWordPress管理画面のログインURLを変更したほうがいいのかご説明します。
WordPress管理画面のログインURLはデフォルトの場合、/wp-login.phpや/wp-adminです。

https://●●●/wp-login.php
https://●●●/wp-admin

●●●の部分は、それぞれのドメイン名です。
このように入力すると簡単にログインページを表示出来てしまいます。
ハッカーや悪意のあるユーザーからログインページを隠すためにもWordPress管理画面のログインURLを変更することは重要です。

WordPress管理画面のログインURLを変更し、ログインページを隠すだけでもセキュリティを強化出来ます。

WordPress管理画面のログインURLを変更する方法

この記事ではプラグインを利用したWordPress管理画面のログインURLを変更する方法をご紹介します。
WordPressのログインURLを変更出来るプラグインはいくつも存在しますが、今回は「SiteGuard WP Plugin」を使った方法をご紹介します。

SiteGuard WP Pluginを利用する

まずはプラグインをインストールします。
「管理画面」→「プラグイン」→「新規プラグインを追加」と進んで、「SiteGuard WP Plugin」と入力すると以下のプラグインが表示されるのでインストールします。

プラグインの詳しいインストール方法は以下の記事で解説しています。

「SiteGuard WP Plugin」はインストールするだけで自動的にWordPress管理画面のログインURLは変更されます。

WordPress管理画面のログインURLを変更するだけであれば特に設定は必要ありません。
プラグインの有効化と同時に管理者アカウント宛てにWordPress管理画面のログインURLが変更されたことと新しいログインURLが記載されたメールが送信されます。

また、合わせてログイン時に画像の文字を入力する画像認証も自動で追加されます。

ログインURLを変更する

次にWordPress管理画面のログインURLを任意のURLに変更する方法をご紹介します。

「SiteGuard WP Plugin」をインストールすると管理画面のサイドバーに「SiteGuard」が追加され、ここから各種設定が出来るようになります。

「SiteGuard」のダッシュボードにある「ログインページ変更」をクリックします。

ここに指定されているURLがにWordPress管理画面のログインURLとなります。必要に応じて書き換えることで変更することが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?
WordPress管理画面のログインURLは「SiteGuard WP Plugin」をインストールするだけで簡単に変更出来ます。
たったこれだけのセキュリティ対策でもやらないよりはやった方がいい対策です。
クライアントから言われなくても出来れば対応しておきたいセキュリティ対策ですね。